出張 リラクゼーション 憩 リンパマッサージの効果

  1. ブログ
  2. 84 view

リンパ液とはよく耳にする言葉だけれど、その意味や役割をきちんと理解している人は意外と少ないかも。リンパ液とは、リンパ管を通して老廃物などを運ぶ役割を果たしており、リンパ節を経由して全身に流れているもの。また、リンパ管は免疫反応が起こると腫れるため、病気を知る手がかりともなっている。

全身に流れているという意味では血液と同じような印象だが、じつは大きな違いが。血液は心臓のポンプ機能によって全身を循環しているけれど、リンパ液にはポンプ機能があるわけではないので、流れは遅く、また滞りやすいという特徴がある。リンパ液の流れが滞ると、老廃物がリンパ管内にたまってしまい、むくみを引き起こす原因になることも。

そこで、リンパ液の流れをサポートして老廃物の体外排出を促進させるのが、オールハンドによるリンパマッサージ。最終的にリンパ液が集まるリンパ節が左右の鎖骨の周辺にあるので、このリンパ節の詰まりをほぐし、ここに向かってリンパ液を流していくのが基本となる。

リンパマッサージというと、強圧でグイグイマッサージするイメージもあるけれど、手先や足先などにある毛細リンパ管は皮膚のすぐ下にあるので、軽く触れるだけでも刺激になりマッサージ効果が得られる。毛細リンパ管は、刺激が強すぎると組織を傷つけるなど逆効果になることもあるので注意が必要に。

このようにリンパマッサージとひと口に言っても、体の部位によってマッサージの手技は変わるうえ、マッサージは自分でやるより他人にやってもらうほうが気持ちよく効果が出やすいという説もあるので、ここはプロにまかせるのがベスト。リンパ液の流れのクセをつけることで、老廃物をため込みにくい体へと導いてくれる。

リンパマッサージだけで減量するのは難しいけれど、キャビテーションなどのマシンとセットで行うことで相乗効果が期待できる。「マシンは苦手」、「オールハンドの癒しを感じたい」という人は、定期的に受けることにより体質の変化が期待できそう。

ご予約・お問い合わせはこちら
■12:00 〜 翌朝6:00
■60分 8,000円から

090-8624-0151

関連記事

ジメジメ梅雨

はいさい梅雨入りもあり、ずっとシャワーを浴びていたいくらいジメジメしていますね。これから汗のかきやすい季節は、水分補給が大事ですね。ミネラルウオーター…

  • 23 view